今日の予定 (piCal)
予定なし
コンテンツ
レースカレンダー
前月2018年 2月翌月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
<今日>
くりらじCyclingPodcast
自転車関連ページ最新ヘッドライン
くりらじCyclingPodcast
UCI PRO TOUR Podcast
MIYATASUBARU RacingTeam Podcast
Velo ChouChou Blog
Let's go freely!EQUIPE ASADA専属メカニック小松洋樹のブログです
浅田顕のブログ
ツールドフランスをテレビ観戦!
ゆるコミ
福島晋一の日輪り(ひまわり)日記
宮澤崇史 BRAVO
yuzurusuzuki blog
サイクルロードレーサー増田成幸 BLOG
角 令央奈のevery day〜適当な日々〜
Yoshimasa Hirose
こ〜ぢのあすなろ日記
新城幸也の今日もチバリヨー
styleblog
たかし・遥かなるシャンゼリゼを目指して
今日も気まぐれ-佐野淳哉
  •   アジア選手権
  •   アジア選手権
  •   なんとなく
  •   わかったよ
  •   名前
竹之内悠−YouBike−
  •   My new website, open!!!
  •   J2☆
  •   META!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
  •   aki
  •   Team Blog START!!
自転車魂
Yukihiro Doi Cycling Diary
HIROSE NET
栗村修のブログ
J-Tourファンサイト
水平線をぶっちぎれ 鈴木真理ブログ
山下貴宏の『今日のやまぴ〜』
梅丹本舗・GDRE・quipeAsada2008
DJがらぱの毎日がイベント全開!
イイミワ日記
サイクリングカフェ・レベイユマタン
片山和正 襪Δ米記.com
  •   第96回 甲子園!
  •   2014 WorldCUP
  •   春 来てる。
  •   3.11
  •   ありがとう!
練習が嫌いな自転車選手:MITSUNARI Mitaki
Massa’s Eye
VLAAMS-Bike(橋川健ブログ)
  •   2002 レースリザルト
  •   2017-01-20
  •   [カメラ]
  •   [カメラ]
  •   2013-01-29
清水良行の思ひ出ポロリ☆
  •   新天地!
  •   走り納め!
  •   行く年、来る年!
  •   華!
  •   ノホホンと!
井上和郎ブログ
真平ブログ
  •   JISS
  •   全日本選手権
  •   いよいよ
  •   ツールドランカウィ
  •   2016
TeamNIPPOの眼鏡@中島康晴のやすろぐ
masahikomifune.com
チャリンコまこちゃんDiary♪
  •   暑さとの戦い
  •   感謝
  •   理由がある
  •   最後は気持ち
  •   天候と体調
ロードレーサー柿沼 章のブログ
SKIL-SHIMANO Yukihiro Doi Blog

ヘッドライン

  くりらじCyclingPodcast   UCI PRO TOUR Podcast
  MIYATASUBARU RacingTeam Podcast   Velo ChouChou Blog
  Let's go freely!EQUIPE ASADA専属メカニック小松洋樹のブログです   浅田顕のブログ
  ツールドフランスをテレビ観戦!   ゆるコミ
  福島晋一の日輪り(ひまわり)日記   宮澤崇史 BRAVO
  yuzurusuzuki blog   サイクルロードレーサー増田成幸 BLOG
  角 令央奈のevery day〜適当な日々〜   Yoshimasa Hirose
  こ〜ぢのあすなろ日記   新城幸也の今日もチバリヨー
  styleblog   たかし・遥かなるシャンゼリゼを目指して
  今日も気まぐれ-佐野淳哉   竹之内悠−YouBike−
  自転車魂   Yukihiro Doi Cycling Diary
  HIROSE NET   栗村修のブログ
  J-Tourファンサイト   水平線をぶっちぎれ 鈴木真理ブログ
  山下貴宏の『今日のやまぴ〜』   梅丹本舗・GDRE・quipeAsada2008
  DJがらぱの毎日がイベント全開!   イイミワ日記
  サイクリングカフェ・レベイユマタン   片山和正 襪Δ米記.com
  練習が嫌いな自転車選手:MITSUNARI Mitaki   Massa’s Eye
  VLAAMS-Bike(橋川健ブログ)   清水良行の思ひ出ポロリ☆
  井上和郎ブログ   真平ブログ
  TeamNIPPOの眼鏡@中島康晴のやすろぐ   masahikomifune.com
  チャリンコまこちゃんDiary♪   ロードレーサー柿沼 章のブログ
  SKIL-SHIMANO Yukihiro Doi Blog

福島晋一の日輪り(ひまわり)日記
  最終更新日  
要旨
ウェブマスター  
カテゴリ  
作成  
言語 ja
3月2日3日 飯田でコーチングセミナーを開催します。
公開:
要旨: スペインは桜も咲く容器であると思いきや、今日は冷たい雨に風が吹き荒れて
ブエルタバレンシアナもチームタイムトライアル総合に関係ないという条件のもとバルベルデ選手がリードを守っております。
自分はレースに参加しない日本人選手4人とグロス選手のサポートでカルペ...
スペインは桜も咲く容器であると思いきや、今日は冷たい雨に風が吹き荒れて ブエルタバレンシアナもチームタイムトライアル総合に関係ないという条件のもとバルベルデ選手がリードを守っております。 自分はレースに参加しない日本人選手4人とグロス選手のサポートでカルペに残っていますが 今日は第3ステージカルペゴールということで急遽駆り出されました。 初戦から170人のエントリーのレースは位置取りも激しく。順調に仕上げてきている選手ですが 厳しいです。そんな中ステージ12位に成績は悪くないと思います。 そんなことをしながら、日本では弟の康司に間に入ってもらい 「(おそらく)日本初のフランス人コーチによるコーチングセミナー」を企画しました。 講師はフランスピカルディ地方(今は北フランス地方になりましたが)でコーチ指導資格を持つ アントワン フランソワさん 通訳にはフランスで指導資格を取得した経験を持つ小島裕樹さんにやっていただけることになりました。 優秀な選手の数が強い国を作るわけではない。優秀なコーチの数が多い国が強い国になる。 選手を育てるにはまずコーチを育てる必要がある。 そのためにはコーチを教える人とその教科書が必要になります。 今回はのテーマは 「小学生から中学生をいかにバーンアウトさせることなく18歳以降にピークを持ってくるか?」 です。フランスのコーチ研修を受けて感じたことは、コーチの先生も教科書どおりではなく 「基本を踏まえたうえで、自分で考えて、工夫して教えることを…」 あとは教室でお話ししましょう! 多数のご参加をお待ちしております。 シクロワイアードの記事は https://www.cyclowired.jp/news/node/255447 自分のフランス研修の報告書は以下のリンクです。 https://www.joc.or.jp/training/foreign_trainee/report2015/report_h27.pdf
人生は蟹の穴掘り
公開:
要旨: 多忙と暇
今はスペインの合宿中だ。
先日、イタリアでチームプレゼンテーションをすまし、翌日 ペスカーラから、ベルガモ経由でスペインのヴァレンシア空港に入り合宿が始まった。
そうかと思ったら、3日後に自分はヴァレンシアからボローニャにとび、イタリアの監督の資格...
多忙と暇 今はスペインの合宿中だ。 先日、イタリアでチームプレゼンテーションをすまし、翌日 ペスカーラから、ベルガモ経由でスペインのヴァレンシア空港に入り合宿が始まった。 そうかと思ったら、3日後に自分はヴァレンシアからボローニャにとび、イタリアの監督の資格を取りに行き。 1日で終わってから(無事資格を取ることができました)その夜にベルガモからまたヴァレンシアへ。朝の1時に合宿先のカルペの宿に入り、その翌日から今日まで毎日選手の練習にチームカーでほかの監督と帯同して、終わったら今期のレースの準備の日々。  非常に充実した日々の中にも家族に電話をかける時間、ランニングをする時間を設けて体重も落ちてきました。  今日は少し早めに部屋に戻れたので、トイレで思いついたことを書いてみます。  こういった多忙な日々は、余計なことを考える暇さえ与えてくれません。  とはいっても、自分はまだ余裕がある方でマンゾーニ監督は日々のプログラムと練習コース、年間プログラム、レースの下調べ、選手のコンディション。選手スタッフの送り迎えのプログラム、配車など仕事が集中していたので、食事と夜の散歩の時間以外は常に頭がいっぱいで今自分が書いているような余計なことをする時間はなさそうです。 ただ、自分はこのように多忙な日々の中にもふと海辺にいって波打ち際で波を見ているうちに小さな生き物の生活を垣間見るといった時間を大切にしたい。 しかし、アリカンテの海というのは非常に長くてきれいなビーチであるのですが閑散期で人がいないのはいいとして、砂浜に生き物すら見当たらない。釣り人も全然釣れていない。これはヨーロッパ全体に言えるのですが非常に無機質な感じがする海なのです。 そんな海を眺めながら(この浜辺に見当たらない)蟹は毎日潮が満ちたら埋まってしまう穴を掘るのに忙しいですが、生きていることにも何の疑問もなければ、生き甲斐なんて全く関係がないわけで、ある意味非常に理想的に見えます。 迷いがない事は美しい。しかし、人間、余計なことを考えるから人間らしいともいえる。蟹も意外とふと波打ち際で潮が満ちたら埋まってしまうアジトを丁寧に作りながら、自分がやっていることの意味なんて考えることがあるのでしょうか? ただし、人間もスパンは違えどやっていることはさして変わらない気もする。 などと、暇がありすぎると余計なことばかり考えて、そういうのは精神衛生上良くないのですが、この忙中閑あり。この時間でこれからもまたしょうもないブログを書いてみようと思った次第です。
2018年もすでに23日
公開:
要旨: 長らく更新していなくてすいません。
監督も今年を3年目を迎えております。
監督をする傍ら、ボンシャンスの代表も務める自分ですが
チームの活動資金を集めるのはどのチームと大変です。
資本主義である以上、お金が世の中を動かすシステムは仕方がないのですが
お金が全て...
長らく更新していなくてすいません。 監督も今年を3年目を迎えております。 監督をする傍ら、ボンシャンスの代表も務める自分ですが チームの活動資金を集めるのはどのチームと大変です。 資本主義である以上、お金が世の中を動かすシステムは仕方がないのですが お金が全て、ではないものを大切にすることでバランスが取れるのではないかと思う昨今です。 とはいえ、人類の今の繁栄は資本主義の力があってのものだというのも事実。 先日、ふと思いついたことを書いてみようと思います。 というのは 人間 大繁殖しすぎではないかということ。 今の人間の一人勝ちぶりは地球上で明らかにバランスを欠いている気がします。 そして、世界からほかの生き物の数が減っているのではないかということ。 焼き畑 環境汚染 抗菌。 たくさんの種類のものを食べることが人間の健康にとって大事なように 地球上にも、多くの種類の生物が生きることが地球のバランスにとってもいい。 だからと言って、 トキのように滅びゆく生き物を無理やり保護するのもそれも不自然な気がするのです。 外来種の魚が繁殖して日本の生態系が崩れているので、駆除したりしていますが 彼らが繁殖したもの、人間のようにフィットしたから繁殖しているわけで この流れはやはり止められない。 こういった、生物の繁栄と衰退は地球的規模で言えば、人間のコントロールできないところにある気のではないか? チームカーに乗り選手のお尻を5時間ながめながら ふとそういったことが思い浮かびました。 年始のブログには似つかわしくありませんがこれを年始のあいさつに代えさせていただきます。
捧げた人生
公開:
要旨: 高木秀彰さんが亡くなったと聞いたときは愕然とした。
自分の現役時代を撮り続けていただいた。
国内のあらゆるロードレースに足を運んで記事にしてくれる
非常に貴重な存在であった。
ボンシャンスで勝った2011年宮田ロード。
2009年 ツールド北海道 崇史のジャー...
高木秀彰さんが亡くなったと聞いたときは愕然とした。 自分の現役時代を撮り続けていただいた。 国内のあらゆるロードレースに足を運んで記事にしてくれる 非常に貴重な存在であった。 ボンシャンスで勝った2011年宮田ロード。 2009年 ツールド北海道 崇史のジャージを皆で守っているときの写真などは今でも家に飾らせていただいております。 記事に関しても熱がこもっていました。 国内のロードレースに捧げられた人生といっても過言ではないのでしょうか? いえ、高木さんの人生にロードレースが捧げられたのかな? このように突然、別れというものはやってくる。 ご冥福をお祈り申し上げます。 そして、ありがとうございました。
チャイナ最終日
公開:
要旨: 今日は12時スタートなのでウィリエールのルカシント監督、ノヴォのリオネル監督、あと福井メカと朝のランニングに行った。
今回、ランニングシューズを新調してきたのだが走るのはこの18日間で2日目。
途中で何度も折り返そうかと思ったが40分最後まで走り切り爽快な汗をか...
今日は12時スタートなのでウィリエールのルカシント監督、ノヴォのリオネル監督、あと福井メカと朝のランニングに行った。 今回、ランニングシューズを新調してきたのだが走るのはこの18日間で2日目。 途中で何度も折り返そうかと思ったが40分最後まで走り切り爽快な汗をかかせていただいた。 やはり、ひとりで走るよりも皆で走った方が頑張れるものだ。 走り終わってから、リオネルが言った。 彼とは2002年、彼がクレジットアグリコールの監督だったころからの付き合いだ。 「お前はいつもアタックばかりしていたな。今はお前のような選手はいない」 そうだ。 俺のような選手もいないし、俺が走っていたような走り方を俺は選手に指導していない。 力を有効に使って勝つ方法を毎日指示している。 しかし、自分たちは人よりも体力を使って、それで勝ちに行っていた。 「馬鹿だとか、クレイジー」という賞賛の言葉をもらいながら アマチュアのころからずる賢く買っていた選手は大成しない。 自分はフランスのアマチュアの時は、登りの下から莫大なギヤでアタックして、頂上付近で後ろの選手がアタックするのを待って、それについて行って逃げに乗ったものだ。 もちろん、プロの世界では違う走り方が求められるが 康司コーチはこのような走りを若い選手に求めている。 できる選手は限られている。 ただ、やはりそれができないと大成しないのも事実で、今の若い選手にはそういった後先考えない走りも求めたい。 今日のランニングで明日筋肉痛間違いなし。。。 では、最終日 行ってきます。
チャイナ1終了
公開:
要旨: 5ステージ 移動日3日 移動距離は3000kmを超えるツールドチャイナ1を終え今日は休養日という名の550km移動日です。
相変わらず、快適な中国の高速を走っております。
モンゴル近くから始まったツアーオブチャイナ。
車でここまで移動してきたことに妙な達成感さ...
5ステージ 移動日3日 移動距離は3000kmを超えるツールドチャイナ1を終え今日は休養日という名の550km移動日です。 相変わらず、快適な中国の高速を走っております。 モンゴル近くから始まったツアーオブチャイナ。 車でここまで移動してきたことに妙な達成感さえ覚えます。 モンゴルの近くはあまり美人が少なかったけど、美人といえる人も増えてきました。 四川省を抜けて貴州からもうすぐ湖南省に入ります。 よくわかりませんが、白い日本の蔵造のような建物が多かったのがこの地域は木造の茶色い色が目立つようになってきました。 このような地域性にも注目すると、この移動もなかなか楽しいものです。 イタリア人たちは戻れる日を指折り数えていますが… レースのレポートはチームのホームページをご覧ください。
中国は奥が深い
公開:
要旨: 昨日は700kmの移動日
レースであることを考えなければ、中国の大きさを肌で感じられるこのツアーは素晴らしい。
それにしても、この中国の交通網の発展ぶりは素晴らしい。
この広大な土地をきれいな高速が時には3車線で張り巡らされている。そして、高速鉄道も拡張中だ。
そ...
昨日は700kmの移動日 レースであることを考えなければ、中国の大きさを肌で感じられるこのツアーは素晴らしい。 それにしても、この中国の交通網の発展ぶりは素晴らしい。 この広大な土地をきれいな高速が時には3車線で張り巡らされている。そして、高速鉄道も拡張中だ。 そして、たくさんの人が興味津々に、ほとんどなにが行われているかも理解せずに道端に立ってスマホ片手にレースを見守っている。 中国の国民に自転車レースが何たるかを理解させるには相当な時間がかかると思われるが、それはアジアのどの国も(日本も含めて)状況は大して変わらないであろう。 仕事の合間に活気のある市場などを散策するのは、自分の楽しみである。 喧噪、クラクション、煙、動物、麻雀、ゴキブリ… 全てが活気にあふれている。 その中を言葉も何もわからぬ自分があたかも現地人のようなふりをして歩いているのは、レースを知らぬ人がスマホを抱えて道端で立っているのとさして変わらない。 中国人どうしても、言葉が通じないこの国だから、言葉がわからなくても、なんだか話しているうちに通じてしまうのである。 中国も楽しいところですよ!
とりあえず更新
公開:
要旨: 監督になってからというものめっきり更新が減ってしまってすいません。
立場というものは、人の口を慎重にさせるものなのかもしれません。
それでも、好きなことを言って失言する政治家には、尊敬の念すら覚えます。
言葉が足りませんでした。
失言を言って、なお続けられる...
監督になってからというものめっきり更新が減ってしまってすいません。 立場というものは、人の口を慎重にさせるものなのかもしれません。 それでも、好きなことを言って失言する政治家には、尊敬の念すら覚えます。 言葉が足りませんでした。 失言を言って、なお続けられる人のことで、失言で失脚する人は思慮が足りなかったのではないかと言わざるを得ません。 家庭の中しかり…
これでも上達した方なんです。
公開:
要旨: 今の仕事について一レースも欠かさずやり続けていることは、選手のステムに距離表示を書いて張る単純作業である。
ささやかな仕事であるが選手には喜んでもらっている。
しかし、第1作目はひどいものであった。
字が汚い。バランスが悪い。見にくい。統一されていない。
書く...
今の仕事について一レースも欠かさずやり続けていることは、選手のステムに距離表示を書いて張る単純作業である。 ささやかな仕事であるが選手には喜んでもらっている。 しかし、第1作目はひどいものであった。 字が汚い。バランスが悪い。見にくい。統一されていない。 書くときに心が落ち着いていないとそれが字に現れる。ゆっくり書けばいいというものでもない。手際が大切である。 簡単なものであるが、おろそかにはできない。 最初は紙に書いてセロハンテープで貼っていたが、日本製の白いビニールテープにマッキーで書くのが雨にも強いしベストであるという結論に至った。 まな板代わりのファイルの上にビニールテープを少し伸ばし気味に貼り、書き終わった後にナイフで切ると切り口に隙間ができてはがしやすくなる。 さらにわかりやすさを追求するために、10色のマッキーペンをアマゾンで注文している。 日本に戻るのが楽しみだ(もちろん、それだけではなく家族に会えるのが一番お楽しみではあるが、これはわざわざ書くまでもないと思っただけである)。 ただ、カラーバージョンの試作はしてみるも、それほど 多用はしないであろうと思う。 なぜなら、仕事はこれだけではないからだ。 ただ、どんな仕事でも改良する努力は必要であるし、同時に切り捨てることも必要である。 全く話は変わるが、最近感じることは 人間というものは忍耐が必要であるが、皆 多かれ少なかれどうしても我慢できない部分というものを持っているものである。 それがその人の性(さが)というものであろう。 その性によって、成功する人もいれば 奈落の底に落ちる人間もいる。 それは、その性が今の世の中にマッチするかどうか? それだけの違いであるような気がする。 強い性の持ち主は世の中すら自分にマッチさせることができるであろう。 そのためには、仕事の「質」が問わあれるのが人間の世界である。
監督の仕事
公開:
要旨: ヴァン アベルマートが2位に入ったツールドルクセンブルクの初日のタイムトライアル。
全部の選手についたがチームの今日のチーム隊列は後ろから2番目である。
ツールドベルギーと比べるとワールドツアーチームがBMCだけと少ないレースであるがタイムトライアルになるとなか...
ヴァン アベルマートが2位に入ったツールドルクセンブルクの初日のタイムトライアル。 全部の選手についたがチームの今日のチーム隊列は後ろから2番目である。 ツールドベルギーと比べるとワールドツアーチームがBMCだけと少ないレースであるがタイムトライアルになるとなかなか厳しい。 昨日のレースが遅かっただけに今日のスタートもゆっくりなのでレースの下ごしらえをした後にこうやってパソコンに向かう余裕もある。 先日、ダンケルクの第3ステージで隣の乗った自分の師匠であるフランク モレールがコースの詳細を常に見ながら 「petit detail ca fait victore.」といった。 小さい詳細のなかに勝利のカギがある という話であるが コースマップに距離や風向きを書き込みながら、そして選手のステムに貼る重要ポイントの距離を書きながら頭に叩き込む。 監督の仕事は把握する事にもある。 大体のレースは同じであるが、細かいところに違いが隠されているからルールブックもすべて目を通す。 つくづく、経験がものをいうう仕事だと思う。 第2監督という立場は第一監督と比べて気楽であることは確かであるが、準備は第一監督同様にやっていく必要がある。そして、確認作業をしながら進めていくのだ。 そして、ネットも大きな力になる。 スタート地点までの時間の計算、天候、風向き…自転車選手はネットをかなり使うからホテルの回線がダウンすることもある。そういったときに独自のネットへの接続手段を持つのも大切だ。 さて、そろそろ行ってきます。
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project